検索

新型コロナウィルスの感染拡大防止策として、オゾン発生装置設置の取り組みを実施!




2020年8月26日に、藤田医科大学(愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1番地98)の村田貴之教授(ウイルス・寄生虫学)らの研究グループが、世界に先駆けて発表した「低濃度(0.05または0.1ppm)のオゾンガスでも新型コロナウイルスに対して除染効果がある」という発表を踏まえ、2020年12月よりHAPPY LIFE in Kamakura主催および、関与するイベント全てで採用します。


採用する機材は、 丸三製薬バイオテック株式会社(富山県富山市南央町3-37)製品のBIOZONE AIRを予定。


人体に許容される濃度でオゾン発生器(低濃度かつ適切な濃度管理が維持できる機器)によりイベント内感染リスクを更に軽減、「鎌倉の暮らしを もっと楽しく」をスローガンにHAPPYをお届けします。